2015年10月21日

密焼鰻魚

150831 今日は秋の土用の入りです。土用とは五行説からきた言葉で、春は「木」、夏は「火」、秋は「金」、冬は「水」で、「土」用は各季節の間に年4回訪れます。簡単にいえば季節の変わり目ですが、臓腑でいえば脾胃(胃腸)に相当し、季節の変わり目に体調を崩しやすいというのは胃腸が弱い人の特徴でもあります。

 胃腸が弱いと季節の変わり目に体調を崩しやすくなるというのは、胃腸虚弱=気のエネルギーの不足で、気(専門的には衛気)は体温調節を行うとともに、皮膚や粘膜を守るバリアのような存在で、胃腸が弱い人は環境の温度変化に影響を受けやすいという理屈になります。

 さて、写真は土用につきものの鰻を中華風(広東風)に蜂蜜を塗って焼いたものです。昔から鰻はスタミナがつくと考えられてきましたが、なんせマリアナ海溝で孵化して5000km以上の距離を泳いで日本にやってくるくらいですので、細身ながらパワフルな生き物といえます。因みに、薬膳的な効能も補虚益気とされています。

 ところで、鰻に限らず、渡り鳥などが何千キロも離れた目的地にどうやって正確にたどり着くのかという研究があります。鳥の場合は、体内にコンパスのようなものを持っているとする説が唱えられてきましたが、近年の研究によると南北を指し示すようなコンパスではなく、地磁気が地面に対してとる角度を計測する伏角コンパスのようなものを持っており、そのコンパスの動作原理に“量子もつれ”が関与しているそうです。魚に関しては、嗅覚が鍵を握っており、海中に含まれる僅かな分子の臭いをかぎ分けて目的地まで移動するようです。また、嗅覚の発現には量子トンネル効果が関わっているようです。

 

 

posted by マルヘイ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

牡蠣とカボチャの揚げもの

150731 おおぶりの牡蠣とカボチャを揚げたものに金沙粉というパン粉とニンニクなどの香辛料を合わせて揚げたものが振りかけられています。

 さて、カボチャはビタミンAや食物繊維が豊富で、ビタミンAは胃の防御因子である粘液の生成に欠かせないビタミンですし、食物繊維は整腸作用などが期待できます。

 薬膳的な効能も健脾益気作用で、胃腸の機能を高めて気力を増す作用があるとされています。ちなみに胃腸(五臓六腑の脾胃)は気力の発生源とされています。因みに、気力を増すといわれても何となく元気になるイメージですが、漢方では気の作用として人体の生理機能を円滑に推し進めたり、生体の防御作用、すなわち免疫力でもあり、更には体温を調整したり、尿や血液がみだりにもれなくする作用などがあるとされています。

 また、“脾は後天の本”という原則があり、どんな病気や不調でも胃腸機能が低下していれば、まず胃腸機能を高める必要があるとされ、反対にいうと胃腸機能低下は万病の元でもあります。さらにいえば、薬膳という考え方の根本は季節や体質に応じ、いかに胃腸機能を調えるのかが大事とされています。

 現代栄養学的には、食べもののカロリーや栄養素から考えますが、漢方的に考えると粗食であっても胃腸機能が充実している方が、胃腸機能が低下した状態で栄養豊富な食事を摂るよりは健康的であると考えます。

 

posted by マルヘイ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 医食同源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

江津肉片

150831 江津とは四川省重慶市内にある地名で、清朝末期に考案された料理です。日本では重慶式酢豚とも呼ばれていますが、四川料理だけに普通の酢豚よりも辛味が強いのが特徴です。

 重慶は、“中国三大火炉”のひとつに数えられ、夏は40度近くまで温度が上がりますが、気温だけでなく湿度も高くなることから、発汗作用で体温を下げるのと、湿気を発散させる辛い料理が好まれます。

 唐辛子自体の薬膳的効能としては、適量では、おなかの冷えをとる温中散寒作用や、胃腸を丈夫にして消化を促進する健胃消食等とされていますが、大量に使った場合は健胃作用よりも発散作用が主になります(胃にはむしろマイナス)。

 また、湿気は気の巡りを邪魔しますが、精神的なストレスによって気の巡りが悪くなっても、無意識に発散作用のある辛いものを求める傾向があり、辛いものがすごく食べたくなったときはストレスがたまっていることが多いものです。

 

 

posted by マルヘイ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 医食同源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。